横浜市で家族葬の準備

人間は必ず亡くなるので、大切な家族のお葬式の準備や心構えをしておく必要があります。横浜市では様々な葬儀屋がありますが、近年は家族葬が注目されています。家族や親族だけで、静かにゆっくりと故人をお見送りします。家族葬といってもいくつかのプランがあり、希望や予算などから選べます。一日で告別式と火葬をのみを行い、通夜はしないプランがあります。火葬だけを行うプランは体力や予算の負担の軽減や、故人との別れに専念出来ます。一般的な葬儀の規模を小さくして、通常のセレモニーを行うプランもあります。仕事関係や友人などお付き合いの広い方には、一般的なお葬式も人数に応じてサポートしています。寺院や僧侶の手配や、お布施の相談などにも対応してアドバイスをしています。後悔しない葬儀を行うために、資料請求や問い合わせなどをして準備をしておきましょう。

横浜市の葬儀会社の家族葬の相場とは

お葬式というと、かつては親類や友人知人、同僚などを大勢呼んで行なうイメージがありました。しかし、最近は都市部などは特に経済面の理由や親類縁者の繋がりが薄くなっていることもあり、少人数で行なうシンプルな葬式を選択する人が増えています。関東地方の葬式にかける費用の平均は、122万と言われています。一方、家族葬や通夜は行なわない1日葬、病院から火葬場へ直接遺体を搬送する直葬プランを行なう葬儀会社が増えています。横浜市にある葬儀会社の場合、直葬プランで13.5万円、家族葬で36万と費用を極力抑えた葬儀を行なっています。少ない人数でシンプルなお別れというスタイルは、今やけして珍しいことではなく、著名人が身内だけで葬儀を行なった後に、亡くなったことを公表して葬儀とは別のお別れ会を開くようなケースも多く見られるようになりました。本当に親しい人に見守られて見送られるスタイルを選択する人は、今後も増えていくことでしょう。

近年横浜市などで家族葬が多くなってきています。

近年、横浜市などでは家族葬といった葬儀方法が多くなってきています。これは、故人のご家族の方と親しい方だけで行われる葬儀のことです。大元としては密葬といった形で行われていましたが、密葬という名前が家族葬に変化して、今に至ります。何故こうなったかといいますと日本では高齢化が進み、定年退職をしてから葬儀をするまでの機関が長くなったことにより、職場関係の方々の参列が少なくなり、ご家族のみで行われるようになることが多くなったことが挙げられます。高齢者によっては、専用の施設で最期のときを過ごされる方も多くなっており、そのことにより家族葬が増えた一因とされています。通常の葬儀とは違って、お通夜を行わなくても良いということが特徴なので、ご家族の負担がそれほど大きくないといった点でメリットがあるといえるでしょう。

お問い合わせはフリーダイヤル0120-896-999までご連絡をいただければ24時間365日いつでも対応いたします。 お通夜・告別式2日間の家族葬 料金328,000円 追加料金一切不要 一級葬祭ディレクター。 ホームページはスマホ対応しています。 お客様の満足度も非常に高く、家族だけではなく参列者も全員満足しています。 事前の相談から葬儀後までトータルサポートしております。 家族葬を横浜市でするならこちらへご相談ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)